サイトトップ > 最新トーナメント > 準決勝第2試合

第82戦 トーナメント第14シーズン第1戦

準決勝第2試合

対戦リーガー

小林あゆみ VS 寺下智香 VS 浅田梨奈

ゲームスコア

ゲームスコア
 

3連続決勝進出まで目前の寺下は、勝利の秘訣を「ボール選択」だという。今回も良い選択で決勝進出を決めるか。 「心残りがある感じで1回戦を終えているので。」という浅田の1回戦は我慢の試合。準決勝ではストライク連発で納得のゲームを目指す。そして前シーズン全てスコア200アップながらも、「もう一押し」の必要性を感じていた小林は、1回戦では246と満足の出来。

準決勝の練習ボールで調子のよかった小林と寺下に加え、浅田もストライクで試合を開始。しかし3者ともダブルをマークできず、ほぼ横並びで前半を終える。
第6フレーム、最初にしかけてきたのは小林。するとボールを替えた寺下も追うようにダブルをマーク。さらに寺下はターキーを成功させ、小林を逆転する。

一方浅田は第8フレームをオープンとし、トップ争いから離脱。第9フレームで3つ目となるダブルをマークした小林は最終フレームでもスコアを伸ばし、230でフィニッシュ。一方の寺下は最終フレーム1投目で10番を残し、214フィニッシュ。ワイルドカード候補2名が同スコアとなったため、P★リーグ試合規定によるフレームカウントバック方式が取られ、ワイルドカードは櫻井眞利子に決定した。

勝利の小林は、「次の練習で(レーンが)変えずに、他にもラインを見つけられたら。」と自信のコメント。優勝に期待がかかる。惜しくも敗退の寺下は、「(櫻井プロと)同点だったらフレームカウントバックだなと思いだし、とりあえず同点にしようと、諦めずに投げました。」と。そして浅田は、「左右のレーンの違いを、もう少し上手く判断できたら。まだまだですね。」とコメントを残した。

 

このページのトップへ