サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Cグループ

第92戦 トーナメント シリーズ2021第3戦

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

キムスルギ VS 名和秋 VS 酒井美佳

ゲームスコア

ゲームスコア
 

ここ2大会成績は奮わないキムは、「文字も色も自分がデザインしました。」と気合の入ったオリジナルウェアで参戦。 前々回は214で3位と不本意な結果だった名和は、「ピンアクションを見て、ボールを替えてきました。勝ち上がって、上の世界で投げてみたい。」と準備万端。 2大会連続初戦突破中の酒井は、「相手を意識せずに、自分のペースで投げる。」と3連続初戦突破を狙う。

ABグループとプレーオフにもつれ込むほどの接戦を経て始まったCグループ。キムはストライクスタートを切り、第3フレームもストライク。名和はターキースタートで、序盤からトップへ。酒井はスペアスタートとしたものの、第2フレームでラッキーストライク。
第4フレームで偶数フレームを攻略したキムがターキーを返し、第5フレームで名和に並んだ。

追いつかれた名和であったが、再びストライクで応酬。第7フレームのラッキーも手伝い、2つ目のターキーに成功。接戦を繰り広げるキムと名和に、動きがあったのは第9フレーム、キムが1投目でセブンテンを出し、痛恨のオープン。結果、ノーミスの名和が235で1回戦を勝利。キムは217で2位。酒井は最後パンチアウトで締めたものの、ここで3位となった。

「キムプロが調子良さそうだったので、そこに追いつけ追い越せという気持ちで投げていました。あ〜うれしい。」と勝利の名和はニッコリ笑顔。 そのキムは、「勝負かけようとした9フレにセブンテンが出てしまったので、とても悔しいです。ぜひ次(準決勝)も投げたいです。」とWCに期待。そして敗退決定の酒井は、「(攻め方が)全然わからなかった。」と悔しい表情を見せた。

 

このページのトップへ