サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Fグループ

第86戦 トーナメント第15シーズン第2戦

1回戦 Fグループ

対戦リーガー

小林よしみ VS 森彩奈江 VS 寺下智香

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前回P★リーグ自己最高の7連続ストライクをマークした小林は、「新しい自分。こういう場でもストライクが続けられるという自信がつきました。」と今大会もハイスコアを狙う。 自粛期間は地道に基礎トレーニングに取り組んだという森は、「体が思ったよりも動く。」と成果を実感。そして今シーズン6ショット落ちだった寺下は「ファンに沢山活躍を観てもらいたい。」と第2戦で巻き返しを図る。

序盤は3名共にスペアが続く展開の中、そこに風穴を開けたのは森。第3フレームに厚めコースでこの試合初のストライクを決めた。そして第4フレームは、それに誘われたかのように小林と寺下もストライクをマーク。試合が動き始めた。
第5フレーム、1投目で2・8番を残した寺下はナイススペア。同フレームで森はターキーに成功し、更なるリードを得る。

前半、寺下と横並びで森を追っていた小林であったが、第6フレームのオープンで1歩後退。 続く第7フレームでは森のストライクが4つでストップ。この好機に逆転の足掛かりを見つけたい小林と寺下であったが、まだまだ我慢の展開。
すると終盤に森にダメ押しのダブルが到来し、結果、233の高スコアで準決勝進出を決めた。

高スコアで勝利の森は、「ちゃんと投げられてホッとしました。」とブランクの不安が払しょくされた様子。 1pt獲得の寺下は、「投げ方が悪いのか(レーン)コンディションが変化なのかすら気づけなかった。」と、そしてシーズン終了の小林は、「(終盤)勝負をかけようとボール変更を試みたが、どのボールを投げても…う〜んっていう感じだった。」とそれぞれ不完全燃焼な内容となったようだ。

 

このページのトップへ