サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Fグループ

第83戦 トーナメント第14シーズン第2戦

1回戦 Fグループ

対戦リーガー

櫻井眞利子 VS 大仲純怜 VS 尾上萌楓

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前回大会3位の櫻井がFグループに登場。「今回はSC決定戦に近づく大事な一戦。」だと、気合を入れて臨む。6ショット落ちで第2戦からとなった大仲は、「やっと投げられます。」とやる気十分。ウェアもヘアスタイルもちょっと強めに決め、勝利を目指す。そして前回デビュー戦初勝利を手にした尾上は、大胆にイメチェン。「ノーミス&ビッグゲームを目指す。」と今回も目が離せない。

序盤は全員マークが続くまずまずの出だし。ダブルの尾上、ストライク2つの大仲、そして第3フレームでスプリットを攻略した櫻井が試合を進めていく。
前回よりもリラックスしているように見える尾上は、前半でフォースをたたき出す大物ぶり。しかし大仲も第6フレームでフォースと、ゲームは打ち合いの様相となる。

第7フレーム、逆転のフィフスを狙う大仲がピンを割り、オープンで失速。自分から櫻井の射程圏内に入り込んでしまうことに。追う櫻井は第8フレームのターキーで大仲まで4ピン。
しかし大仲も第9フレームのストライクで櫻井を振り払い、3位を回避。一方の尾上は終盤スペアが続いて歩みを緩めるも、最後はパンチアウトで1回戦Fグループを勝利した。

デビュー以来2連続初戦突破を決めた尾上。しかし本人は「まだ緊張しますね。」と初々しいコメント。初の決勝進出となるか、期待が膨らむ。「(1フレーム)1投目でストライクが出たことで、珍しく落ち着いて投げられました。」という大仲は次戦、そしてSC決定戦出場の望みが潰えたことに、「大事な一戦だったんですけどね。悔しいな。」とこぼした櫻井は次シーズンのリベンジに期待だ。

 

このページのトップへ