サイトトップ > 最新トーナメント > 準決勝第1試合

第68戦 トーナメント第9シーズン第2戦

準決勝第1試合

対戦リーガー

川ア由意 VS 長谷川真実 VS 小池沙紀

ゲームスコア

ゲームスコア
 

準決勝第1試合は、1回戦では初のプレーオフを体験し、「雑念を消して目の前に集中すること。」の大切さを再認識したという川ア。イップスと戦いながらも、「自分の中ではちゃんと投げられた結果が210点っていう点数になった。」と諦めない心を持つ長谷川。そして「自分に負けんように気持ちをしっかり持って戦いたいと思っています。」と連覇を狙う小池の3名で争われる。

第1フレーム、川アと小池は、共に10番ピンを残し、スペア。ストライクスタートを切ったのは長谷川ただ一人。続く第2フレームは、追う川アと小池はストライクをマーク。

前半はターキーに成功した小池と長谷川がほぼ横並び、その後ろを奇数フレームの攻略が待たれる川アが追う展開となった。

後半に入ると、川アと長谷川が伸び悩む中、小池は第7・8フレームのダブルで頭一つ飛び出す。一方同じ第8フレームで川崎はこれまでストライクのみ出し続けていたフレームで失投。長谷川も同フレームで10番を残し、「だめだー。」と思わず声に出してしまう。最終フレームへの不安要素が残る形に。 しかし第9フレームで川アと長谷川はストライクをマークし、望みを繋げる。

しかし最終フレームで波乱は起きず、小池は決勝へ一番乗りをあげた。小池は「長谷川プロもバチバチ持ってきていたので怖かった〜。」と内心は穏やかではなかったことを告白。「目標のひとつがノーミスだったので、まだ良かったです。」という長谷川はワイルドカード候補に、そして「気持ちいいくらいにジャストエイトが2回残りました。」とコメントした川アは、準決勝敗退が決定した。

 

このページのトップへ