サイトトップ > 最新トーナメント

第61戦 トーナメント第7シーズン第1戦

トーナメント表
※1回戦…スコア1位は準決勝進出 2位は次大会出場権利獲得 3位(濃い青)は次大会出場停止となる。

第61戦 対戦結果

準決勝第2試合

対戦リーガー

姫路麗 VS 小泉奈津美 VS 小林よしみ

ゲームスコア

ゲームスコア
 

連覇を目指す小泉は「攻めの気持ちを忘れない」とコメントも前向き。「ここで負けるわけにはいかない。」とこちらも気合の入るのは姫路。2015年度JPBA3冠女王のプライドにかけて、勝利を目指す。そして「初めて決勝にいった時は姫路プロが、前回は小泉プロが優勝された。」といずれも初優勝を阻んだ相手との対戦に、小林はリベンジを誓う。………続きはこちらから!

 

準決勝第1試合

対戦リーガー

安藤瞳 VS 遠藤未菜 VS 鶴井亜南

ゲームスコア

ゲームスコア
 

「次世代発掘プロジェクト」出身の3名が激突。 「楽しむことでは負けない!」との思いで勝利を掴んだ安藤は、準決勝もボールと共に笑顔のプレーを心掛ける。初戦では試合中にノートに書き込む姿が印象的だった遠藤。この「企業秘密」のデータを基に決勝行きを狙う。そして予選、西村との接戦で魅せた鶴井は「準決勝3位」以上の自己記録更新を目指す。………続きはこちらから!

 

1回戦 Fグループ

対戦リーガー

寺下智香 VS 森彩奈江 VS 小林よしみ

ゲームスコア

ゲームスコア
 

昨年のJPBAランキングが6位の寺下だが、前大会ではスコアも奮わず。「まずは自分のボウリングを。」と試合に集中する。前シーズンの獲得ポイント0だった森は、準備した川崎攻略法で、4度目の優勝を狙う。そして前回惜しくも初優勝の逃した小林は「前回の悔しい気持ちを今回にぶつけたい。」と再び初優勝を目指す。………続きはこちらから!

 

1回戦 Eグループ

対戦リーガー

大石奈緒 VS 姫路麗 VS 鈴木亜季

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Eグループは、大石奈緒、姫路麗、鈴木亜季の対戦。
前シーズンは姫路1pt、大石2pt、鈴木3ptと実力派ながらも獲得ポイントは奮わず、シーズンチャンピオン決定戦への出場争いに絡めなかった3名。
今シーズンこそはと気合を入れなおした選手たちの白熱した試合が繰り広げられる!………続きはこちらから!

 

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

松永裕美 VS 川ア由意 VS 小泉奈津美

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Dグループは、絶対女王の異名を持つ松永裕美、前大会覇者の小泉奈津美、そして今回初参戦の川ア由意が対戦。
”KAWAYUI”ポップガールというキャッチネームがついた川アは、「攻めのボウリングで。当たって砕けろじゃないですけど、攻めでいきたいと思います。」と若さを勢いに変え、勝負に挑む。………続きはこちらから!

 

1回戦 Cグループ

対戦リーガー

浅田梨奈 VS 鶴井亜南 VS 西村美紀

ゲームスコア

ゲームスコア
 

P★リーグ復帰後初勝利を狙う浅田は、「強気な攻め方が足りなかった。」との反省を生かし、初優勝を狙う。今年はトーナメントシードプロの鶴井は、「前シーズンは波が激しかったので、今回の目標は安定。」だと話す。そして前シーズンで出場停止も味わった西村は今回「記憶に残るような試合運びをしたい。」と意欲を見せる。………続きはこちらから!

 

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

安藤瞳 VS 名和秋 VS 渡辺けあき

ゲームスコア

ゲームスコア
 

前回、両親に叱咤激励を受けた安藤。「自分が一番P★リーグを楽しんでいる。今日は私の日だ!」と自らを鼓舞し、試合に臨む。前シーズン順調にポイントを稼ぐも、最終戦で失速した名和。「ポイントを稼げるだけ稼ぐ。」とSC戦出場を目標に掲げる。そして渡辺は、「私のボウリングの質は絶対良くなっている。」と成長の証明を果たす意気込み。………続きはこちらから!

 

1回戦 Aグループ

対戦リーガー

坂本詩緒里 VS 遠藤未菜 VS 小林あゆみ

ゲームスコア

ゲームスコア
 

新たに山田幸、そして川ア由意を迎え、始まったP★リーグ第7シーズン。 Aグループは、デビューシーズンで洗礼を受けた6ショットで見事5位通過の坂本詩緒里。前回は4大会ぶりに準決勝進出し、「ボール(の回転)が前と違うというのを見てもらいたい。」と進化宣言の遠藤。そして「ちょっと何かを変えよう。」と髪をショートに切った小林あゆみが対戦する。………続きはこちらから!

 

このページのトップへ