サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Fグループ

第68戦 トーナメント第9シーズン第2戦

1回戦 Fグループ

対戦リーガー

鈴木理沙 VS 小林よしみ VS 鶴井亜南

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦を締めくくるFグループで戦うのは、鈴木理沙、小林よしみ、鶴井亜南。現在までの獲得ポイントは、鶴井が3pt、鈴木と小林が1ptずつとなっている。
初優勝を切望する鈴木、小林と、女王の座に返り咲きたい鶴井の勝負の行方は!?

ストライクスタートは小林ただ一人。しかし第2フレームで9・10番のスプリットを沈められず、オープンフレームとしてしまう。第3フレームではスペアで繋ぐ鈴木もオープンを喫し、序盤はダブルをマークした鶴井が先頭の位置に。 全員スペアの第4フレームを終え、迎えた第5フレーム、鈴木は第3フレームと同じ残りピンをミス。1回戦Fグループ、前半は静かな戦いを見せている。

その沈んだ空気に風穴を開けたのは鶴井。第6フレームでストライクを決めると、そこからぐんぐんとその数を伸ばし、スコアが急上昇。第7フレームでボールを替えた鈴木もダブル、小林もボールを替えてパンチアウトと、それぞれ見せ場を作ったものの、鶴井の猛進を止めるまでとはいかなかった。結果、鶴井は今大会の1回戦最高スコアでの勝利となった。

ビッグスコアでの勝利となった鶴井は、「カバー率が上がったのが勝因かな」と自らを分析。ポイントゲットにとどまった小林は「下手したら3位になっちゃうし、でも勝負をかけないと1位になれないしと思ったんですけど。」と、シーズン終了の鈴木は、「頭の中がパニックでした。悔しいというか何もできなかった。」と共に悩みの一戦だったことを語ってくれた。

 

このページのトップへ