サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Dグループ

第71戦 トーナメント第10シーズン第1戦

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

大嶋有香 VS 霜出佳奈 VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Dグループは、前回の1回戦を2位敗退となった3名の戦い。初参戦から勝ち星なしの大嶋は、「負けてもいいから、思い切り自分の投球を。」という意識改革で調子は上向きとのこと。今シーズンからP★リーグ復帰の霜出は、「新人らしく全力で先輩プロに向かいたい。」とのこと。そして「負けが続いたので、そろそろ頑張りたい。」という名和は今回、ボールを総取り替えで勝負に出た。

いきなりのターキースタートでぶちかましたのは霜出。序盤はその霜出を先頭に、第3フレームでストライクを持ってきた大嶋、そして名和の順。 霜出のストライクが止まった第4フレーム、名和に二つ目のストライクが到来。続く第5フレームでは大嶋もストライク、名和はダブルと、霜出を追い詰めていく。そして迎えた第6フレームには大嶋ダブル、名和ターキーに成功し、一気に3人が横並びに。

勢いが止まらない大嶋はその後もストライクを量産。第8フレームでは失投かと本人はため息を漏らすもフォースに成功する。
二人の猛追に焦りがでてきたか、霜出に連続ミスが。
第9フレーム1投目、大嶋のストライクが止まり、名和にチャンスが来るも、名和もスペア。一方霜出は、第9フレームでボール変更をし、ストライクを出すが、逆転には遅かったか。

初の1回戦突破に「やっとですよ。やっと”やってやりました”って言える。」と、周りの応援に応えられた喜びに笑顔の大嶋。1pt追加にとどまった名和は「1フレのミス。僅差の戦いになるとああいうイージーミスが後に響くので、あの1フレが悔やまれますね。」と、シーズン終了の霜出は「ジャストポケットで飛ばなくなった時のボールチェンジが遅かった。」とそれぞれ敗因を分析した。

 

このページのトップへ