サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Dグループ

第70戦 トーナメント第10シーズン第1戦

1回戦 Dグループ

対戦リーガー

大嶋有香 VS 川ア由意 VS 坂本詩緒里

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Dグループは、ボウリング界の未来を担う若手が集結。プロ3年目の48期坂本詩緒里、同期の川ア由意、そして49期の大嶋有香の戦いとなる。2大会連続準決勝進出の川アは、今シーズンの6ショットチャレンジでも満点と絶好調。P★リーグで苦しい戦いが続いている大嶋は、今回イメージチェンジで験を担ぐ。そして2勝目を狙う坂本は、6ショット18位通過と幸運の持ち主。

全員がストライクスタートと、見ごたえのある展開が予感されDグループ。第2フレームでは大嶋と川アがダブルに、第3フレームでは川アがターキーに成功する。
しかし第5フレーム、順調な走りだった川アがスペアミス。唯一ノーミスの大嶋が逆転に成功する。一方、トップから約20ピン離されている坂本も、同フレームのストライクで巻き返しを狙う。

後半に入ると三つ巴のストライク合戦が展開。第6、7フレームと快音が続いて迎えた第8フレーム、大嶋、川アは揃ってターキー。これに続きたい坂本であったが、1投目で失投、さらに2つ目のオープンを喫し、再び離されてしまう。
大嶋、川アの壮絶な打ち合いは第9フレームまで持ち込まれ、勝負は最終フレームへと持ち越された。

3ピンのリードを持っている大嶋の最終フレーム1投目は、まさかのスプリット。4・6・10番をテイク2とし、224でフィニッシュ。一方、川アは1投目でストライクを出し、243フィニッシュ。1回戦Dグループの打ち合いを制して準決勝に進むのは、川ア由意に決定した。そして2つのオープンが響いた坂本は次戦欠場となり、リベンジはシーズン第3戦へと持ち越された。

 

このページのトップへ