サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Bグループ

第73戦 トーナメント第11シーズン第1戦

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

久保田彩花 VS キムスルギ VS 名和秋

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Bグループでは、今回本戦デビューとなる久保田彩花が登場。昨年は公式戦2勝、JPBAランキング4位という久保田は、P★リーグの舞台でも嵐を巻き起こすのか。そしてその久保田を迎え撃つのは、前大会では約4年ぶりの優勝を果たし連覇を狙うキムスルギと、「1回戦を本当に通過したい。それだけです。」と勝利に飢えている名和秋。

久保田はP★リーグデビューをストライクで決め、ガッツポーズ。そして前回10番ピンに泣いた名和も10ピン対策が功を奏し、ストライクスタートとした。第2フレームでナイススペアを見せたキムであったが、第3フレームでビッグ4を出し、オープンフレームを出してしまう。奇数フレームは完璧な名和を先頭に、ピン差で久保田、そして少し後ろをキムが追う展開で勝負は後半へ。

第6フレーム、外側から強気に攻める久保田と名和が揃ってダブルに成功。そしてターキー、フォースを二人の競り合いは続き、ストライクが途切れた方が負けという空気が流れるところで迎えた第9フレーム。久保田は1投目に10番を残しスペア。ここでさらなるリード期待した名和であったがまさかのスプリットからのオープンとし、久保田に逆転を許してしまった。

P★リーグデビュー戦で勝利を収めた久保田は、「後半から落ち着いて投げられるようになったが、緊張しました。」とコメント。ピン差で2位の名和は、「久々に川崎でストライクがいっぱい出てるっていう感覚だったのに。」と不運の嘆き、「ライン間違えましたね、最初から。二人みたいに外側を投げればよかったんですけど。」と反省のキムは次戦出場停止となってしまった。

 

このページのトップへ