サイトトップ > 最新トーナメント > 1回戦 Bグループ

第72戦 トーナメント第10シーズン第3戦

1回戦 Bグループ

対戦リーガー

川ア由意 VS 寺下智香 VS 小泉奈津美

ゲームスコア

ゲームスコア
 

1回戦Bグループは、4pt保有の小泉と川ア、そして0ptの寺下が対戦。「同期や友達が頑張っているので、その波に乗っかりたい。」という川ア。昨年の公式戦ポイントランキング3位の寺下は今回、「9本でいいという楽な気持ちで投げれば、ストライクが出ると思う。」と気負わない作戦に出る。そして前回惜しくもワイルドカードを逃した小泉は「1投1投大事にいきたい。」と意気込みを語る。

寺下と小泉はストライクスタート。その寺下は第2フレームでダブルに成功し、序盤をけん引。2番手は奇数フレームで2つのストライクを出した小泉。そして3番手は、第2フレームでオープンを出したものの、第3フレームで流れを取り戻した川アとなっている。
第4フレーム、川アはダブルで勢いをつけた一方、小泉はここでオープンフレームを出し、3位に転落。

2つのダブルが功を奏し、トップで試合を折り返した寺下だが、後半第7フレーム、今度は寺下が1投目にセブンテンを出し、オープンフレーム。このチャンスに寺下を捕まえたい川ア。しかしダブルならずで逆転へと持ち込めない。
最終フレームのパンチアウトで意地を見せた川アであったが、寺下まで2ピン足りず。試合は寺下の勝ち抜けが決定。

前半のリードで逃げ切り勝利を果たした寺下は、「(準決勝の)レーン変化に柔軟に対応しつつ、9本でいいやと思って投げたいです。」と作戦続行を表明。1pt追加の5ptでシーズン終了の川アは、「自信がないと投球がブレちゃったりするので、その辺を頑張りたい。」とコメント。そして4ptで終了の 小泉は、「置きにいって情けないボウリングで終わってしまいました。」と悔しい表情を見せた。

 

このページのトップへ